僕が影響を受けた戯画とは一体なんだろうか?

あたいが影響を受けた(と言うか今も受けている)戯画は日本橋ヨヲコちゃんの『ギャルファイト』だ。

2006年から連載を開始し今も続刊の間の戯画ですが、とにかくの間私が深い戯画だ。
型式はいわゆるスポ根になるのですが、実は勝負描出は最低のみで性格たちのフラストレーションなどの内描出や応酬、それによる成育などを描くのがの間胸だ。
最初の方はメイン人公の大石練が過去のトラウマやそれに伴うフラストレーションでやや鬱な進化が続きますが、3巻地区から徐々に内面的な成育が思え始めてしまう。
そうして自分の物悲しい部分と向き合い、助っ人や幼馴染、監督、コーチ、他校のライバルに助けられながら人間チックに成長して行く見てくれには根性を貰える半面、「自分はこれでいいのか」という圧力も受けます。

そして、こういう戯画はとにかく教訓が多いです。
例えば、
「特別な人間なんていねーんだよ。そいつのやってきたことが特別なだけです」
「どうにもならない他人の気持ちは諦めて、どうにかなる自分の気持ちだけでも変えませんか。少しずつで好ましいんで」
「他人の手答えで確信を作ると、それが消えた時期どうしようもなく揺らぐ。だから楽しめ。自分を信用するために。皆さんは好きなものを誰の力不足にも始めるな。正しく狂え」
等、これらは状態講評がなくても極めるものだけ選びましたが、他にも1話に一度は教訓・名場面が現れるくらいだ。
さらにこんな教訓は正確で、作品者から読者への熱いメッセージが感じられます。
人によっては説教っぽい、押しつけがましいと感じるかもしれませんが、性格の感情描出や人間的成育を見極めるのが好きな人には味わえると思います。女性ホルモンを増やすには?